プロケーブルに寄ってたかる「うそ」つきどもの正体と本音と、その最期・・・!










うそはついてはいけないと、小学校で習った筈である。親からも教えられた筈である。しかし、ことオーディオ業者のモラルの程度は、小学生以下である。オーディオ業者がばらまく、小学生レベルの「うそ」が、平気でまかり通ってしまっているというのが実態であろう。

 

プロケーブルは、オーディオ界の改革者であり、オーディオマニアの救世主でもあると、オーディオ人口の人たちから、今や、言われることが多い。それがなぜ、ぼったくり業者やオーディオゾンビどもが寄ってたかって、ウソばかり撒き散らす事になるのか??

 

この「うそ」については、相手が小学生レベルであるがゆえ、非常に簡単な図式で表現出来る。

 

★プロケーブル ← 敵対関係 → 多くのオーディオ業者

 

これだけの図式である。不思議なのは、相手は組織的にやっていることである。なぜか?、この秘密は、最近、ついに、掌握した。相手は団体であり、誰もが嫌っている「組織」だったのだ。これを公開すれば、えらいことになるであろう。

 

さて、これだけの単純な図式が、インターネット上に、プロケーブルに関する「うそ」ばかり、撒き散らされる事になるのであるから、世の中というものは、特に組織を敵に回すと、恐ろしいものである。

 

当店プロケーブルというのは、単なるプロ用のケーブルを売っている業者に過ぎない。まずこれを、把握していただきたい。

 

つまり、誹謗中傷も普通はされる事はないし「うそ」ばかりつかれる筋合いも云われもないのである。当店プロケーブルは、たかが、単なるケーブル業者なのだ。

 

それでは、多くのオーディオ業者のプロケーブルに対しての本音というのは、一体全体どこにあるのだろう。

 

この疑問を解くには、プロケーブルが今までしてきた事を考えなくてはならない。

 

1)プロケーブルは、ぼったくりケーブルの市場を、ほぼ全てのケーブルが「うそ」だとして、壊してしまったこと。
2)プロケーブルは、CDプレーヤーを「鉄くず」呼ばわりして、代わりに、iPodやパソコンの高音質ぶりを、日本中に広めてしまったこと。
3)プロケーブルは、高級アンプまでをも「鉄くず」と断定して、その代わりに、5万円ほどのアンプ、そして今や、2万9千3百円の、ドイツ製の最先端アンプの切り札!、THOMANN社のアンプを突如として売り始めて、全国に広めてしまったこと。
4)そして、プロケーブルの言う事全てに、「うそ」は全くなく、結局のところ、ことごとく、本当の事であったということこそ、非常に重要だったこと。
5)プロケーブルが、今までのオーディオ業界全体のあり方までも「デタラメ」と見切って、徹底批判してきたこと。

 

などなど、既存のオーディオ業者が、プロケーブルを疎んじる理由は、いくらでもあるのだ。彼等は「うそ」をついてでも、又は、誰かに「うそ」をつかせてでも、プロケーブルに、この世から居なくなって欲しいと、切に願っていることだろう。でなければ、今までさんざんな「デタラメ」をしてきた自分達が構築してきたうそまみれのオーディオの「砂上の楼閣」の、架空の世界が、崩壊してしまう。つまり、この世の業界単位としては、全部倒産してしまうということを意味している。

 

こうなると結論が見えてくる。これまでに数々の嘘を広め、デタラメばかり言っていた「ぼったくりオーディオ業者」は、倒産して、消えるべき運命にあるという事だ。